Article

                   
        

芦ノ湖釣行

category - 淡水ルアー
2017/ 04/ 21
                 
天竜川、またまたダメになっちゃいましたね~。

せっかく少しずつ回復に向かっていたのに。

天竜川をホームにしている以上、下手をすればシーズンを棒に振る可能性もある覚悟でやっていますが、やっぱりね~、良いとこで水を差されるとムカついちゃいます。



まぁしかし、怒ってみても何も変わりませんので、仕事が休みだった今日はちょっと遠出して来ました。

行きたい所は他にもあったのですが、第一希望の岐阜の某ダム湖はたぶん片道4時間以上かかるので日帰り釣行はパス。

第二希望の長良川は、増水後でタイミングは良さそうだけど、なんか今年は遅れそうな雰囲気なのでパス。

とゆうわけで、行けば何か釣れるでしょうみたいな、無難に?芦ノ湖へ行って来ました(笑)




昨年秋は、湖の南西側の白浜~箒ヶ鼻でサクラマスを狙ってみましたが、最近の釣果情報を見ると湖尻側の方が釣れてるようなので、今朝は湖尻水門付近から始めてみました。

朝イチの湖尻水門付近は、ワカサギが岸近くに見えて、マスらしきライズもたくさん見えて良い雰囲気でしたが、スプーンに1バイトとミノーにイワナ?ブルック?みたいのがチェイスして来たのみ。

おそらくこの付近はかなり浅いので、私の投げる重いスプーンやデカいミノーでは静かな朝は魚を驚かしてしまうのでしょう。

PEラインの引き波もかなりのものだったし。

どのみちこんな遠浅な場所ではサクラマスは釣れないような感じがしたので、少しやって移動しました。




DSC_0603_convert_20170421170326.jpg

DSC_0604_convert_20170421170354.jpg

次に入ったのは、深良水門です。

この付近も、静かな朝でも少しは水の動きがあるおかげか魚っ気はありましたがノーバイト。

やっぱりこの付近も湖尻水門同様に遠浅でした。

そんなわけで、本日のメインに考えていた「亀ヶ崎」へ、さっさと移動です。




しかし、この「亀ヶ崎」、遊歩道から湖面までの落差は20m以上ありそうです。

しかもかなり急角度な崖。

「こんな所まで歩いて来たのに、ここ降りれんの?」っと不安になりましたが、付近を探したら降りる道がありました。

落ち葉が積もっていて、たぶん滑ったら一気に下まで行っちゃうだろうデンジャラスな道を、草や木にしがみ付きながら何とか湖岸に到着。



DSC_0605_convert_20170421170418.jpg

ポイント表示の看板付きでした(笑)



このポイントは沖に根が張り出しているとの事なので、とりあえずスプーンを遠投して、あまりカウントダウンせずに巻き始めると、すぐにカツン、カツンっと感覚がありました。

「こんなに沖まで根が張ってるのか?」っと思った次の瞬間、ガツっとヒット!!

カツカツしたのは根じゃなくて前アタリでした(笑)



かなり沖でヒットしたし、グリグリとローリングしてる感じがするし、たまに鋭い突っ込みもするし、もしかしてサクラマス来た!?っと思いましたが、、、





DSC03292_convert_20170421170530.jpg

残念、、、ニジマスでした。



それでも、この場所に入って一投でヒットしたし、この後に風が出て来ればチャンスあるかも?っと期待しましたが、風が出たら寒い寒い。

凍えそうになりながらも昼過ぎまで、ミノー・スプーン・ジグを投げまくりましたが、アタリは結局最初の一回のみでした。




DSC_0606_convert_20170421170450.jpg

桜は見れたけど、サクラは・・・・・。



やっぱり、芦ノ湖のサクラマスをオカッパリで狙うのはかなり難しいのだろうか?

次回はお舟を借りるか??(笑)



とゆうか、サクラマスを狙うのは何かと面倒くさい。

アマゴ圏に住んでいるんだから、もうサクラを狙うのはヤメよかな?






スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント