Article

                   
        

3月16日 天竜川釣果

category - サツキマス
2016/ 03/ 17
                 
今日はなかなか暑い一日でしたね~。

こんな天気になると、もしかしたらもうサツキ釣れちゃうかも?なんて思ってしまいますが、私が思うにまだサツキは入っていないでしょうね。

私自身は10年以上前に、3月後半に35cmクラスのサツキを4匹釣った事がありますが、あの頃は流砂促進事業なんて行われていなかったはずですし、2月からたくさんの稚鮎が遡上していましたし、川虫もたくさんいましたし、今の天竜川とは環境が全然違いました。

とはいえ、河口域育ちのモドリサツキは動き始めたようでポツポツ釣れ始めたようですので、モドリ狙いで夜勤明けの昨日は昼から行って来ました。




DSC_0480_convert_20160317184734.jpg

で、結果はウグイ1匹。

しかし、これとて簡単にヒットしたわけではなく、ポイント2か所回って3時間くらい投げてようやくのヒットでした。




そして今朝は、つーさんと浜名湖で☆カレイ狙って来ましたが、釣果はフグとエイとヒトデのみ。

☆カレイ狙いは2月から5回ほど行ってますが、今年は☆カレイはおろか落ちのイシ・マコも釣れません。

浜名湖も年々魚が釣れなくなっている感じです。



カレイ狙いは昼前に切り上げ、午後は3時からまた天竜川へ行って来ました。

今日は船明ダムが発電を止めてゲート放流に振り替えていたせいか昨日より濁り強めでしたが、入ったポイントの雰囲気はバッチリ、天気良し、気温良しで、サツキが入っていれば必ずちょっかい出して来るだろうと思いましたが、ノーバイトで終了でした。

やっぱりまだサツキは入っていないと思いますが、もうちょっとの辛抱じゃないかな~?

早めに水位が落ち着いて、濁りが取れてくれると良いですね。




スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

昔は流砂促進なんてなかったんですね。あれのせいで天竜川はシルト…
3年前は流砂促進が行われず、サツキも大漁の年があったみたいで天竜川のポテンシャルは計り知れないと思いました。
良い環境なのに本当にもったいないですよね。
第七さん

何年前から流砂促進事業が行われているか憶えていませんが、私がサツキ釣りを始めた頃はまだ行われていなかったはずです。

流砂促進だけじゃなく、河原の木々を伐採や、重機で中洲や河床をほじくり返す工事等、様々な問題を考慮して行われているのでしょうけど、もう少し河川環境に配慮してもらいたいものですね。
ともあれ私ら釣り人は、現状の中で最善を尽くすしかありません。
お互い、良いシーズンになるよう頑張りましょう。