Article

                   
        

浜名湖カレイ釣行

category - カレイ
2008/ 10/ 26
                 
今日は、カミさんの親父さんとカレイ釣りして来ました。

朝4時、小島の西側のポイントに行くと、既に先行者あり・・・。
小島北側のポイントにも人がいたため、3番澪沿いのポイントを見にいきますが、そちらも人がいたため、再び小島へ。。。

小島の南側は相変わらず工事中で入れないため、東側の道路からやることにしました。
小島

潮は上げ潮で、止まりの予定時刻は5:30頃。ちょうど朝マズメと潮止まりが重なる絶好の条件なのですが・・・
上げ止まりまではエサ盗りばかりでカレイは来ず。
下げ始めもカレイのアタリ無く、エサ盗りばかりだったんですが、7時頃にようやく僕の竿にカレイが来ました!!
イシガレイ35cm
35cmのイシガレイでした。

親父さんもヤル気が出て、たっぷりエサを付けて打ち込みますが、その後はカワハギやエソ、フグばかりでカレイは来ませんでした。

周りの釣果としては、僕らの近くでやってた人が40cmくらいのキビレを釣り、朝イチ入りたかった小島西側のポイントでは、5~6人がやっていたにもかかわらず、カレイは28cmのマコが1枚のみでした。
今日はあまり良くなかったようです。
ちなみに今日は2人で4時~11時までやって青蛇虫3000円使いました。エサ盗りは好調です。


午後からは、天竜川に行きたかったんですが、昨日からあまり寝てなかったため行けず。
やはり昨日が今期最終戦となりました。
来年の3月までしばしお休みですね。
でも、11月からは秋葉ダム下のルアー・フライエリアが始まるので、今度はそちらの天竜通いが始まりますけどね!
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

今日の塩見渡はウ1ニゴ1の他、二度ほどミミズに噛み跡が付くアタリがあったのみ・・とても寒い最終日でした。

来期もお会いする機会が多いと思いますが、よろしくお願いします!
フォレスターさん

今日は荒れた天気でしたから、かなりやり辛かったのでは?
今シーズンはいろいろと教えていただき、ありがとうございました!!来シーズンもどうぞよろしくお願いします。
エリアには来られないのですか?
こんばんは。 はじめまして。
渋い中のカレイゲットおめでした!

浜名湖周辺は昔、舞阪に行きましたが木っ端しか見れませんでした。
今度は大型蝶鰈狙って○揚場辺りに行こうかと思ってます。
カトラさん

はじめまして。ありがとうございます。
昨年の今頃の小島は、30~45cmのカレイが爆釣したので、今年も期待してるんですが、まだ本格化に至っていません。

>大型蝶鰈
イチョウ鰈の事でしょうか?僕もいつかは釣ってみたいと思ってますが、なにせ釣期が他のターゲットと被ってしまうので、なかなか釣る事が出来ません(^_^;
ne-moさん
ダム上のエリアは去年初めてシーズン中に仲間と行ってみました。C&Rエリアというより釣り堀ですよね。

サツキフリークのne-moさんには知っておいて欲しいんですが、これから年末にかけて白倉川からシラメが流下するんです。でも本流に出るとそこは魚食性魚類が過密に放されたプール、遊泳力が弱くピカピカ目立つスモルトの運命は・・・たぶん在来のハゼ類も同様。
元地元民としては透き通った淵にシラメが群れ遊ぶ以前の風景の方がいいなあ。
今の時期なら中日向の集落から上流の橋の間のプールで遊んでいます、エリアの帰りに寄って見てください。
フォレスターさん

なるほど、そうですね。単に魚が釣れる、楽しい、と喜んでばかりいてはいけないですね。
釣り人のエゴで生態系を変えてしまうのは、やはりすべき事ではないのでしょうね。各地で問題になっているバスやギルも然りですね。
エリアに行った際に、シラメを見てみます!
ne-moさん こんばんは (^.^)
私は昨日、今シーズン最後の天竜川に行ってきましたが山からの吹き下ろしと小雨にヤラレテ、敢えなく終了してしまいました (¥△¥;)
午後は子供達を連れて、サツキマス放流会に参加してきました o(^ヮ^)o

ochi@さん

天竜川最終戦、お疲れ様でした。昨日は荒れた天気でしたもんね。浜名湖上空などは、天が割れてました。あんな雲を見たのは初めて。
来シーズンもお互い頑張りましょう!!
今週末も頑張りましょうね。

サツキマス放流会、僕も行きたかったです。来年は行きたいな~、と思っています。
ne-moさん
実家の近くなんでタイミングが合えば御案内します!

しかし次代を担う子供達にこそサツキの生態をちゃんと理解してもらうためにも天然のシラメを見てもらいたいですよね。根幹の産卵~シラメの部分を無視して養殖スモルトを放流、う~ん今年は魚影が濃い薄いなんて単に回帰率の問題なだけで川の豊かさの指標にはならんですよね。
今年も実家の山の小沢でアマゴの産卵が無事終わりました。あんまり愚痴る気は無かったんですが産卵床を懸命に掘る彼らの意見を代弁しちゃいました。
フォレスターさん

確かにおっしゃる通りですね。何も知らない子供達にすれば、サツキなんて元々の魚ではなく、ニジマスなんかと同じく人の手によって移植された物と勘違いしかねませんしね。
いえ、子供達のみならず、僕自信でさえ数年前までは、天竜川のサツキは放流無くして成り立たないと思っていましたし、たとえ降海出来ずともシラメとなって川を下る、そんな自然の習慣に今尚従っている個体がいる事も知りませんでしたょ。
そんなのは長良川など、ごく一部の河川にしか残っていないと思ってました(*_*)