Article

                   
        

天竜川最終日

category - 淡水ルアー
2008/ 10/ 25
                 
今朝はまた夜勤明け釣行です。

まずは5時頃、今切口西側サーフへ。今朝は海も落ち着き、風も弱く良い感じでした。
先行者は皆右へ右へ行く中、僕は左のテトラ裏へ。
人も少なくやりやすかったですが、ベイト無くライズも無し。バイトも無いため、7時前にやめ天竜川へ。

8時頃、塩見渡橋に到着すると、橋上流にmasaさんが来てました。
しかし、今朝は何やら重機が河原に入っており、河原をガリガリやっていてちょっと嫌な雰囲気でした。
今朝の天竜川は、そこそこ増水、濁り無し。でしたが、数投する間にみるみる濁りが入ってきました。
最初は工事の影響か?と思いましたが、どうやらちょうどダムから濁りが出てきたようです。

masaさんに挨拶してから僕は下流へ。いつものテトラ帯付近をスプーンで攻めますが、バイト無し。
ほとんどライズも無く、厳しい感じでした。

しばらくやっていると、上流側にfly-tomoさんが来られ、フライマンの方達のキャスティング練習が始まったので、挨拶がてらしばし見学。
塩見渡

1時間ほどしてから再開すると、1投目になにやらヒット!!
しかし、すぐに沈んでいるボサに引っ掛かってしまったようで、外すことが出来ずブレイク(泣)

リーダーを組みなおして再開し数流し目、流芯付近を流し終え、緩流帯に入ったため数回リールを巻いたところで「ゴンッ!!」とヒット!!
最初はウグイか?と思いましたが、急に凄い力で下りだしました。
数mラインを出されたところでいきなり「バツンッ!!」

エ?エエ~!?
なんとラインがリールのすぐ上で高切れ・・・。
まだ新しいラインなので傷は考えられないのですが・・・。
これがあるのでPEは怖いです。ナイロンならブレイクされない自信があるんですけど。

結局これにて終了。船明ダム下は今月いっぱいで禁漁になりますので、今シーズンはこれで終了の予定ですが、明日も行けたら、もしかして行くかも?
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

お疲れ様でした。PEは前触れ無く切れますからね~。。残念でした。明日も待ってますよ~。。
masaさん

魚を掛けるまではPEに軍配が上がりますが、掛けてからはナイロンのほうが断然有利ですね。

今日も行きたいとは思うんですが……夕方くらいに行けるかもです。
こんばんわ
切られた魚は気になりますね。
PEは伸びが少ないので強度近い瞬発的なテンションが
掛かると切れやすいのかな?
私もこの間の伊豆釣行でプッツンされた時も
瞬発的なテンションが掛かった時でした。

土曜日はC&Rの下見に夕方中島に行きました。
数名のフライマンが釣りをしていたので
私も竿を出してみました。
期待を裏切らずウグイが釣れました。
今週末が待ち遠しいです。ハイ!
Cさん

ラインを切った魚は確かにかなりパワーのある魚でしたが、10lbが切れる程ではなかったです。僕の想像では70前後の巨鯉だと思いますが、ナイロンなら6lbあれば獲れる自信があります。
僕が思うには、ラインも完全に均一では無く、所々弱い箇所もあるとおもうのです。ナイロンならば全体が伸びる事で力を分散できるのですが、伸びの無いPEの場合、力が弱い箇所に集中してしまうため、本来の強度以下の力でも切れてしまうのでは?と考えています。
それでも、ルアーの操作性や感度の良さは、ナイロンではとても得られない素晴らしいモノなんですよねぇ。

エリアのほう、僕も楽しみです!!エリアは全く初心者ですのでいろいろ教えて下さい!!