Article

                   
        

2008浜名湖カレイ開幕戦

category - カレイ
2008/ 10/ 07
                 
最近は、天竜川の釣りが多いですが、浜名湖の釣りもしっかりやってます。
先週の土曜日とゆうべは、カレイ釣りしてきました。

まず土曜日は、今シーズン初のカレイ狙いなので、午後から様子見のつもりで舞阪漁港へ。
舞阪漁港
この時期はかなりエサ盗りが多いと思われるので、とりあえず青蛇虫を千円持って行きました。
僕の予想では、竿2本×2本針で青蛇虫千円は、2時間もつかどうか・・・だったんですが、実際は予想に反してほとんどエサ盗りがいませんでした。

超低活性ですが、逆に考えればカレイ釣りには有利!これは釣れるかも?と思いましたが、結局は夕方まで粘ってカワハギ1匹のみでした。
カワハギ

そして昨日は、仕事を終えてから浜名湖へ。
土曜日の様子から、昨日はエサをちょっとケチって700円だけ買って、1番澪沿いの人気ポイントに行ってみました。
弁天橋
運良くタッチの差で1番良い場所を取れ、釣り開始。
ところが、土曜日とは打って変わってひどいエサ盗り・・・。
おそらく水中は、フグ・チンタ・セイゴ・メジナ・キスetcが水族館状態なんでしょう、2~3分でエサが食われます。

最初のエサは1時間くらいで無くなったので、また700円買い足し。針も1本針にして節約します。
そして、アチコチ打ち返すと、1箇所狭いけど砂底でエサ盗りの少ない場所を見つけました。
「ここは釣れる!」と思い、1本はそこへ集中的に打ち込みます。

そして潮止まりが近くなった時、エサの点検のために仕掛けを上げるとズシリと重い!しかも下へ下へと引っ張るこの引きはカレイに違いない!!
やがて水面に浮上し、橋の街灯に照らされて30cmくらいのカレイが見えました。
「小さめだな・・・タモで掬う必要はないか。」
と思い、「ヨイショ」と抜きあげたら、1mくらいあがったところで「ポチョンッ・・・」

エ?エエ!?バレタ??

勢い余った仕掛けは虚しく宙へ・・・

あ~ぁ、やっちゃった。大事にタモで掬っとけばよかった。

しかし、逃げちゃったもんを後悔してもしょうがないので、次を狙いましたが、結局下げ潮が走り出すまで粘っても後は来ず・・・。
な~んか後味の悪い開幕になっちゃいました。

でも、情報では岸からもボートからも順調に釣れ出してるようなので、次こそは釣りますよ!!

スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

抜きに失敗で残念でしたね。
タモの入魂は大物と決め込んでいたのかな?
掛が浅いと意外に落としますよね。

私も抜きに失敗して竿を折ったり魚を落としたり
していますが思い出すと笑ってしまう?失敗で
サクラを3発掛け2本獲った日3本目を
「今日のオレはイケる。ココで一気に抜き上げよう」と
抜き上げたらサクラは大岩に当りお亡くなりに
なってしまいました。抜きも魚のダメージを
考慮しないとダメですね。

Cさん
そうなんですよ。もう少し大きければ迷わずタモ入れしたんですけどね。
サ、サクラを抜きですか!?僕だったらそんなものとても抜こうなんて気にはなれませんよ。
あ、でも今年、長良川でサツキを抜こうとしてバラシましたけどね(笑)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ごめんなさい
上記のコメント
名前入れ忘れました
マーチンです
マーチンさん
ありがとうございます。