2008年10月

              
        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

カレイ☆ナイト

category - カレイ
2008/ 10/ 28
                 
今日は仕事帰りに夜カレイ釣りに行って来ました。
申し訳ないですが、今回のポイントは匿名にさせて下さい。浜名湖のどこかです。

今日はエサをケチって700円分だけ買って、とあるポイントに19時頃到着しました。
ポイントには先行者ありでしたが、知っている方だったので隣でやらせて貰いました。
聞くと、既にマコガレイを1枚釣ったとの事なので、気合も入ります。

竿を2本出し終えた頃、その方は2枚目のマコを釣りました。
しかし、僕の竿には気配ナシ・・・。

しばらくして更に3枚目を追加しましたが、僕のとこに釣れるのは時々ヒトデとゴンズイのみ。
ほんの10mも離れてないのに、やはりカレイのポイントはシビアです。

21時頃、アタリも無くなったようで、その方はやめられたので、そちらに移動し1投目、やっと来ました!!
マコガレイ37cm
マコガレイ37cmです。

同じポイントに投入すると、また良いアタリがありました。軽くアワセを入れ巻いてみると、先程のより良い引き!
しかし途中でバレてしまいました。

でもまたしばらくしてアタリがあり、またまた来ましたマコちゃん!!
マコガレイ35cm
今度は35cmでしたが、1枚目のよりも厚みも体高もあるマコでした。

更に次を狙いましたが、後は続かずエサが切れたため22時で終了としました。
マコガレイ35&37

浜名湖のカレイ、今年も調子良いみたいです。次は40オーバーのマコが釣りたいなぁ。
とりあえず明日はこのマコをお刺身でいただきま~す!!
            
スポンサーサイト
            
                                  
        

浜名湖カレイ釣行

category - カレイ
2008/ 10/ 26
                 
今日は、カミさんの親父さんとカレイ釣りして来ました。

朝4時、小島の西側のポイントに行くと、既に先行者あり・・・。
小島北側のポイントにも人がいたため、3番澪沿いのポイントを見にいきますが、そちらも人がいたため、再び小島へ。。。

小島の南側は相変わらず工事中で入れないため、東側の道路からやることにしました。
小島

潮は上げ潮で、止まりの予定時刻は5:30頃。ちょうど朝マズメと潮止まりが重なる絶好の条件なのですが・・・
上げ止まりまではエサ盗りばかりでカレイは来ず。
下げ始めもカレイのアタリ無く、エサ盗りばかりだったんですが、7時頃にようやく僕の竿にカレイが来ました!!
イシガレイ35cm
35cmのイシガレイでした。

親父さんもヤル気が出て、たっぷりエサを付けて打ち込みますが、その後はカワハギやエソ、フグばかりでカレイは来ませんでした。

周りの釣果としては、僕らの近くでやってた人が40cmくらいのキビレを釣り、朝イチ入りたかった小島西側のポイントでは、5~6人がやっていたにもかかわらず、カレイは28cmのマコが1枚のみでした。
今日はあまり良くなかったようです。
ちなみに今日は2人で4時~11時までやって青蛇虫3000円使いました。エサ盗りは好調です。


午後からは、天竜川に行きたかったんですが、昨日からあまり寝てなかったため行けず。
やはり昨日が今期最終戦となりました。
来年の3月までしばしお休みですね。
でも、11月からは秋葉ダム下のルアー・フライエリアが始まるので、今度はそちらの天竜通いが始まりますけどね!
                         
                                  
        

天竜川最終日

category - 淡水ルアー
2008/ 10/ 25
                 
今朝はまた夜勤明け釣行です。

まずは5時頃、今切口西側サーフへ。今朝は海も落ち着き、風も弱く良い感じでした。
先行者は皆右へ右へ行く中、僕は左のテトラ裏へ。
人も少なくやりやすかったですが、ベイト無くライズも無し。バイトも無いため、7時前にやめ天竜川へ。

8時頃、塩見渡橋に到着すると、橋上流にmasaさんが来てました。
しかし、今朝は何やら重機が河原に入っており、河原をガリガリやっていてちょっと嫌な雰囲気でした。
今朝の天竜川は、そこそこ増水、濁り無し。でしたが、数投する間にみるみる濁りが入ってきました。
最初は工事の影響か?と思いましたが、どうやらちょうどダムから濁りが出てきたようです。

masaさんに挨拶してから僕は下流へ。いつものテトラ帯付近をスプーンで攻めますが、バイト無し。
ほとんどライズも無く、厳しい感じでした。

しばらくやっていると、上流側にfly-tomoさんが来られ、フライマンの方達のキャスティング練習が始まったので、挨拶がてらしばし見学。
塩見渡

1時間ほどしてから再開すると、1投目になにやらヒット!!
しかし、すぐに沈んでいるボサに引っ掛かってしまったようで、外すことが出来ずブレイク(泣)

リーダーを組みなおして再開し数流し目、流芯付近を流し終え、緩流帯に入ったため数回リールを巻いたところで「ゴンッ!!」とヒット!!
最初はウグイか?と思いましたが、急に凄い力で下りだしました。
数mラインを出されたところでいきなり「バツンッ!!」

エ?エエ~!?
なんとラインがリールのすぐ上で高切れ・・・。
まだ新しいラインなので傷は考えられないのですが・・・。
これがあるのでPEは怖いです。ナイロンならブレイクされない自信があるんですけど。

結局これにて終了。船明ダム下は今月いっぱいで禁漁になりますので、今シーズンはこれで終了の予定ですが、明日も行けたら、もしかして行くかも?
                         
                                  
        

荒れてます。。。

category - 塩水ルアー
2008/ 10/ 23
                 
今朝は仕事帰りに坪井海岸に行ってきました。
坪井海岸
荒れてました。
7時頃から8時半頃まで、波と風にもまれてきました。
まぁ、何事もなかったです。

ホントに僕は凪に縁が無いらしく、遠州灘に凪の日があるなんて想像も出来ません(笑)
たまには凪の日にやってみたいもんです。

でも、こんな日でも、投げ竿でサビキを引いていたオッちゃんは、35cmくらいのヒラメ釣ってました。
それに、坪井から篠原にかけて漁船団が来ていたので、海が落ち着けば良いかも知れませんね。
                         
                                  
        

浜→川

category - 淡水ルアー
2008/ 10/ 19
                 
今朝も夜勤明け釣行です。

本日は川へ、と思っていましたが、ゆうべは土曜夜の仕事だったため終わりの時間が早かったので、ちょっと寄り道。
まずは昨日行った今切口西側サーフへ。

3:30頃に到着し、昨日釣ったあたりに行ってみましたが、昨日よりも海は荒れていて、テトラ裏になるこの場所もさすがに影響はありました。
朝マズメまで粘れば、きっとヒラメの釣れる可能性はあると思うんですが、波のせいで気持ちよくミノーを引けないので、朝マズメを待たずして4:30頃に早々に撤収。天竜川へ向かいました。

たまにはいつもと違うポイントへ、とも思いましたが、結局いつもの塩見渡へ。
四駆が無い僕は、ポイント選びに時間や体力を考慮しないといけないからです(汗)

6:00少し前に到着し、いつもの辺りからスプーンで攻めて行きます。
数十m釣り下ったとこで、流し終えたスプーンを回収中に、「ガンッ!」と来ました!!
ウグイかな?と思いましたが、ちょっと違う。パワーはあるがニジやシーバスとも違う・・・。
「何だろう!?」
と、ちょっとドキドキしながら寄せてくると、やがて姿を現したのは、ナマズでした。
鯰
50cmくらいかな?
鯰
ナマズを釣ったのはかなり久しぶり。しかも久々に天竜川でウグイ以外の魚が釣れたので、結構ウレシイです。

更に釣り下って行くと、今日はテトラ際じゃなく、川の中央付近で結構ライズが出ていたので、スプーンのサイズを落とし、よりナチュラルに流してみましたが、バイトは頻繁にあるものの、今日は全て失敗。
言い訳をさせてもらうと、今日は上流側からの風が邪魔したのと、ショートバイトが多かったためです(汗)

眠気もピークになり、集中力も切れてしまったため、また最後に対岸のテトラからウグイを釣って帰ろうと思い、車へ。

すると、橋の上流側にはmasaさんも来ていました。
ちょっとお邪魔して挨拶をしてから、対岸のテトラへ。

しかし、その頃にはライズが全く無くなり、テトラ際を丁寧に攻めてもバイト無し・・・。
テトラ際以外も広範囲に攻めてみましたが、全く反応無く、疲れたので終了としました。

なんとなく、魚達の動きが、先週までと違ったような気がします・・・。
                         
                                  
        

ヒラメ?ソゲ?

category - 塩水ルアー
2008/ 10/ 18
                 
今朝は仕事(夜勤)帰りに浜へ行ってきました。
予報ではウネリが入るとの事なので、荒れに強い今切口西側サーフへ。
ここは、沖にテトラ帯があるので、多少荒れてもテトラ帯の内側は静かでやりやすいです。

5時頃に駐車場に着くと、すでに大量の車が・・・。
ウェーダーをはくために用を足している間にも続々と車が来ます。

案の定、目ぼしいポイントには人がいるので、誰も見向きもしないB級、いやC級ポイントでやってみます。
ミノーでくまなく探ると・・・フフフ、皆さん見落としてますね~(笑)
小規模ながら結構強い離岸流があったので、そこでひたすらミノー巻き巻き。

薄明るくなってきた頃、「ゴンッ!」と来ました!
ヒラメ
小さいながらヒラメ君。

その頃、波打ち際で、ヒラメらしきライズが数回ありましたが、どれも小さいようで、12cmのミノーには食ってきません。
ならばワームかメタルジグで・・・とも思いましたが、狙って小物を釣ってもしょうがないので、そのままミノーを投げ続けます。
でも、その後はアタリ無し。

ヒラメ
今日のは35cmでしたが、ヒラメですかね~?ソゲですかね~?
微妙なとこですが、ヒラメって言ったら笑われそうなんで、やっぱソゲですね。。

でも、小さい小さい言いながらもちゃっかりキープしてきました。
娘が好きなんですよね~(笑)
                         
                                  
        

ウグイ釣り・・・?

category - 淡水ルアー
2008/ 10/ 14
                 
今週は久々に夜勤になったため、昨日は夜明けから天竜川で釣りしてました。
とりあえずいつもの付近から始め、スプーンを流していきますが、反応は無し。
朝の冷え込みは先週以上で、秋の深まりを感じます。

いつもウグイライズの出ているテトラ前まで来た時、やっとバイトありましたが、フッキングせず。
相変わらず対岸のテトラ際では、ウグイらしきライズが出てますが、あと少し届かず。
その後、手前のヨレをミノーで攻めていると、何者かがバイトしましたが、これもヒットせず・・・。

7時をまわった頃、寒さに耐え切れず、一旦車に戻ることに。
すると、橋の下に見慣れた車が・・・。masaさんでした。
挨拶をしようとmasaさんの方へ歩いていると、今度は後ろからochi@さんの車が!
みんな天竜川が好きですねぇ(^^)

ochi@さんと話をしていると、masaさんのフライロッドが曲がりました!!
釣れたのはウグイ君。それでも何だかこの時期はウグイ君も立派な魚に見えてしまい、羨ましいです(笑)
ochi@さんも僕も、その付近でやってみましたが、ヒットせず。

僕は帰りの時間が迫ってきたため、帰りがてら朝の対岸のテトラ上からウグイを釣ることにしました。
こないだ同じテトラからやってみた時は、高い場所からやったせいか、アワセがうまくいかず、ヒットしなかったので、今回はなるべく水面近くまで降りて行き、キャスト。
1投目から来ました!ウグイ君。
ウグイ
その後も、うまくテトラ際を流せばバイトがあり、フッキングしなかったり、バラシたりしながらも4匹のウグイ君が釣れ、楽しむ事が出来ました(笑)

なかなか狙いのニジマスは釣れず、最近はウグイが本命のようになっていますが、考えてみれば、僕の天竜川でのルアー釣りのきっかけは、このウグイ君でした。

初めは、今から20数年前、僕が中学生の頃、ゴールデンウィークにたまたま家族で浜北大橋付近に遊びに行き、念のため持って行ったルアータックルで釣りをしたのが始まりです。
(その頃使っていたタックルは、5.6ftのペラペラのグラス製ベイトロッドにクローズドフェイスリール、ラインはデュポン社の”ストレーン”3号とゆう感じでした。
それで、ブレットンやメップスのコメットといったスピナーを投げ、普段は富塚を流れる、段子川や新川で、ハスや二ゴイを釣っていました。)
そして、その時の天竜川では、ウグイが入れ食い状態で多分30~40匹くらい釣れたと思います。
そして、ウグイに混ざってニジマスも釣れたんです!!
ニジマスなんか釣ったのは、その時が初めてで、嬉しくてその後も何回か行き、結構ニジマスは釣れました。
しかし、高校生くらいになると、ルアーは次第にブラックバスしかやらなくなり、天竜川には行かなくなりました。

そして二度目は、今から10年程前、やはりゴールデンウィークの午後、たまたま行った国1橋付近でウグイライズを発見。
その頃は芦ノ湖へニジ・ブラウン狙いで通っていたため、ちょうどそのタックルが車に積んであったので、昔を思い出しスプーンで狙ってみました。
その時もウグイが爆釣!!2時間くらいで40匹くらい釣りました!!
そして、もうそろそろ最後にしようと思いつつ、釣れたウグイを岸にズリ上げ、フックを外そうとしたら、なぜかウグイが違う魚に!?
それがサツキとの初めての出会いでした!!ニジもサツキも、最初はウグイの外道だったんです(笑)

それ以来、サツキ狙いで天竜川に通うようになったのです。
ウグイとの出会い、それが僕の天竜川の原点なので、僕にとってはウグイはとても大事で好きな魚、ある意味この川の本命かも知れません。
                         
                                  
        

カレイ釣り

category - カレイ
2008/ 10/ 12
                 
午後からは、浜名湖へカレイ釣りに行って来ました。
情報では、3番鉄橋南のボート釣りでは好調に釣れてるらしいので、3番澪沿いのポイントでやりたかったのですが、3連休の午後とあって、人だらけ・・・。
結局空いている、2番澪の小島に行きました。

小島は、昔から陸っぱりカレイの好ポイントとして有名ですが、1番3番に比べると若干タイムラグがあるため、まだ本格的には釣れ出していないようで、エサ屋さんの話では、2~3日前に35cmくらいのを1枚確認しただけとのことでした。
さらに、好ポイントの南側は改修工事のため、現在立ち入り禁止。
あまり良い条件ではありませんが、とりあえず北側でやってみる事に。

島の北西側で竿1本で様子をうかがいますが、エサ盗りもいないため、小島から橋を渡った道路下の狭いスペースから島の南西を攻めることにしました。
小島
島の南側は立ち入り禁止のハズなのに、釣り人が1人、バリケードを越えて侵入し、釣りしてました。
こうゆう人は、釣りのルール・マナー云々を言う前に、人間失格ですな・・・。

小島
まぁ、なにわともあれ釣り開始。
こちらはエサ盗りがそこそこいました。ほとんどフグでしょう。たまに針に掛かってきます。
ソイツらをちぎっては投げ、ちぎっては投げしていると、潮の緩んだ6時前に、ようやくマコガレイが釣れました!!
マコガレイ
しかし、釣れたのは20cmくらいのお子様でした(笑)
もう少し大きくなってから、また釣れて欲しいもんです。

それでも、釣れたのでやる気も出て、エサもちょっと買い足し。さらに大物を期待しましたが、暗くなると、ゴンズイ・ウミヘビ・フグが入れ替わり立ち代り来て、やる気とエサをどんどん奪って行き、結局あとは続かず終了となりました。

でも浜名湖のカレイ、今年も順調にシーズンインした模様です。
                         
                                  
        

太平洋へ・・・

category - 塩水ルアー
2008/ 10/ 12
                 
今日は、本当は天竜川へ行きたいとこだったんですが、朝8時から地域の草刈りがあるため、天竜川は諦め、前浜へヒラメ狙いで行ってきました。

とはいえ、僕はたいしてこの釣り自体に面白味は感じておらず、単にヒラメが食べたくてやっているだけなので、タックルやポイント選びは適当です(笑)

とりあえず今朝は、8時までには帰らないといけないため、ウチから1番近い坪井海岸へ。
ちょっと早すぎるかな~?と思いつつも4時頃に駐車場に着くと、既に数台の車がおり、皆いそいそと支度をしていました。
僕も支度をして浜へ。今日は少し波っ気がありましたが、僕は凪の前浜など見たことないので、いつも通りの景色でした。

適当な場所から始め、ミノーを投げながら少しずつ移動して行きますが、反応なし。
この釣りはひたすら投げて巻くだけ。たいした技術もいらず、攻略すべき点も少ないので楽ですが、その代わり、モチベーションを保ち続けるのに苦労します(笑)

やがて明るくなってくると、居ます!居ます!人が(笑)
坪井海岸
右にも左にもたくさんの人がいますが、魚のほうは少ないようで、ベイトの姿もヒラメのライズも見えません。

もうやめようか?と思った頃、ようやく「ゴンッ!」と来ましたが乗らず。
その頃、100mくらい離れた人が30~40cmくらいのを釣ったのが見えました。

そして、7時をまわり、そろそろ帰らないといけない時間になってきた時、やっとボイル発生!!
ベイトが追われ、セイゴやヒラメが狂ったようにボイルし始めました!!

ただ、いかんせんベイトもヒラメも小さかった。ベイトは5cmほど、セイゴ・ヒラメは30cm弱ほど。
そこへ14cmのミノーを投げても相手にされませんでした。
まぁ、こんな小さいのじゃ釣っても食えないし、時間なので7時20分で終了としました。
ちょっと人数の割には魚の数が少なかったようでした。

でも、帰り際にキス釣りのオッチャンに、”魚道110MD”貰っちゃいました!
オッチャン曰く、「伊良湖でキス釣りしてたら根掛かりした。引っ張ったら取れて、なにやら重たいモンがついてきた。なんと釣れたのは、でかいヒラメがついたミノーだった!しかもヒラメは生きてて、美味かった!!」
との事でした!!なんとも凄い確率ですな。。
                         
                                  
        

2008浜名湖カレイ開幕戦

category - カレイ
2008/ 10/ 07
                 
最近は、天竜川の釣りが多いですが、浜名湖の釣りもしっかりやってます。
先週の土曜日とゆうべは、カレイ釣りしてきました。

まず土曜日は、今シーズン初のカレイ狙いなので、午後から様子見のつもりで舞阪漁港へ。
舞阪漁港
この時期はかなりエサ盗りが多いと思われるので、とりあえず青蛇虫を千円持って行きました。
僕の予想では、竿2本×2本針で青蛇虫千円は、2時間もつかどうか・・・だったんですが、実際は予想に反してほとんどエサ盗りがいませんでした。

超低活性ですが、逆に考えればカレイ釣りには有利!これは釣れるかも?と思いましたが、結局は夕方まで粘ってカワハギ1匹のみでした。
カワハギ

そして昨日は、仕事を終えてから浜名湖へ。
土曜日の様子から、昨日はエサをちょっとケチって700円だけ買って、1番澪沿いの人気ポイントに行ってみました。
弁天橋
運良くタッチの差で1番良い場所を取れ、釣り開始。
ところが、土曜日とは打って変わってひどいエサ盗り・・・。
おそらく水中は、フグ・チンタ・セイゴ・メジナ・キスetcが水族館状態なんでしょう、2~3分でエサが食われます。

最初のエサは1時間くらいで無くなったので、また700円買い足し。針も1本針にして節約します。
そして、アチコチ打ち返すと、1箇所狭いけど砂底でエサ盗りの少ない場所を見つけました。
「ここは釣れる!」と思い、1本はそこへ集中的に打ち込みます。

そして潮止まりが近くなった時、エサの点検のために仕掛けを上げるとズシリと重い!しかも下へ下へと引っ張るこの引きはカレイに違いない!!
やがて水面に浮上し、橋の街灯に照らされて30cmくらいのカレイが見えました。
「小さめだな・・・タモで掬う必要はないか。」
と思い、「ヨイショ」と抜きあげたら、1mくらいあがったところで「ポチョンッ・・・」

エ?エエ!?バレタ??

勢い余った仕掛けは虚しく宙へ・・・

あ~ぁ、やっちゃった。大事にタモで掬っとけばよかった。

しかし、逃げちゃったもんを後悔してもしょうがないので、次を狙いましたが、結局下げ潮が走り出すまで粘っても後は来ず・・・。
な~んか後味の悪い開幕になっちゃいました。

でも、情報では岸からもボートからも順調に釣れ出してるようなので、次こそは釣りますよ!!

                         
                                  
        

ニジマス、いずこへ・・・

category - 淡水ルアー
2008/ 10/ 05
                 
今日も早よから天竜川へ行ってきました。

明るくなり始めた頃から開始し、スプーンを流していると、早速バイトがありましたが、ヒットせず。
多分ウグイだと思いますが、もしかしたら?って事もあるので、食って来たヤツは確実にフッキングに持ち込まなきゃダメですね・・・。

しばらくしてまたバイト。今度はしっかりフッキングしました。
釣れたのはお得意様のウグイ君。
ウグイ
今日は念のため撮影しときました(笑)

それから少しして、1091masaさんも来ました。masaさんは、昨日僕が見たシーバスを狙いに来たようです。

あいさつをして再開。僕はそのまま釣り下りました。
しかし、昨日と同様に今日も魚っ気は少なく、おまけに山からの吹き降ろしの風が強くて、寒いしやり辛くなりました。

結局、8時少し前までやって、バイト無し。masaさんも反応無いと言っていました。
ニジマス、なかなか釣れないです。いるのやら、いないのやら・・・。
                         
                                  
        

天竜川ニジマス釣り

category - 淡水ルアー
2008/ 10/ 04
                 
今朝は、また懲りずに天竜川へニジマス狙いで、行って来ました。
塩見渡橋
ここのところ増水気味だった天竜川ですが、ゆうべから急激に減水、ほぼ平水に戻りました。

朝イチ、水深浅く、流れの速い流芯をスプーンで攻めていると、数投目にヒット!!
小ぶりですが、とうとう来たか?と喜んだのも束の間、ソイツは25cmくらいのウグイでした。
小さいので写真も撮らずリリース。
あまりウグイの居そうな場所じゃなかったんですけどね~。

少しづつ下りながらスプーンを流していると、僕の下流10mくらいのところで、60cmくらいの魚が鮎を弾き飛ばしながらジャンプしました!!
シーバスか?と思いましたが、あくまで僕の狙いはニジなので、そのままスプーンで攻めていると、今度は「釣ってみな!」と言わんばかりに、大口を開けて鮎を食いだしたので、ついつい挑発に乗って、”アスリートF9”を投げてみましたが、途端にパッタリとライズは無くなり、バイトもナシ・・・。
念のため20投くらい投げて諦め、再びスプーンで釣り下りました。

が、その後はバイト無し。先週ウグイの釣れたポイントも反応無しでした・・・。
どうやら今日は、魚達が、対岸のテトラ際に寄ってしまっているようなので、対岸にまわり、テトラ上から攻めようと車に戻ると、天竜川の主、fly-tomoさんが来られたので、しばし談笑。楽しげなプロジェクトの話をうかがいました。

それから、1091(masa)さんも来ていたので、お邪魔してしばし観戦。
う~ん、本流でのフライ、カッコイイですね~!!
なかなか手は出せないけれど、憧れますね。

そして対岸へ。
足場の高いテトラ上からの釣りになるため、取り込みのことを考えて、念のため背中に磯タモを担いでテトラ上へ行きました。多分、傍目にはとても川の釣りには見えないでしょうねぇ(笑)
まるでチヌの前打ちスタイルですね。

そして、テトラ沿いにアップにスプーンを投げ、ボトムを取ってからゆっくりとリーリングして来ると、「ゴンッ」と来ましたが、フッキングせず。

同じようにやるとまたバイトあるもののフッキングしない・・・。
立ち位置が高過ぎるのか、計5バイトあるもフッキングしませんでした(泣)

こんなことなら、朝イチのチビウグイの写真も撮っときゃよかったです。

さあ、今日も早く寝て、明日も川へ行きます!!
                         
                                  
        

磯タモ

category - タックル
2008/ 10/ 01
                 
こないだクロダイ釣りに行った際に壊れてしまった磯タモの代わりに、ネットで注文しておいた磯タモが、今日届きました。

以前使っていたタモは5.4mでしたが、今回買ったのは7.2m。
タモ
しかも網の部分を直角にも出来るスグレモノです!!

僕が浜名湖でクロダイ釣りをしているポイントは、ぶっちゃけ橋の上なので、水面まではかなりの高さがあります。
これまでは、5.4mのタモでは直接届かないので、橋の欄干を乗り越え、橋脚の上に降りて取り込み・・・と、結構危険を冒していました。
でも、このタモなら、おそらく直接水面まで届くハズ!!
しかも首が曲がるので、直下の取り込みも楽になります。

早く使ってみたい!!でも、そのためには、タモで掬うサイズの魚を掛けなきゃですね(笑)
                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。